なんで生命保険
なんで生命保険
ホーム > > 雇用契約と労働契約の違い

雇用契約と労働契約の違い

使用者と従業員の間に交わされる契約は雇用契約と労働契約がありますが、その2つの違いがあるとすればどの法律で使われるのかということです。雇用契約は民法において労働者の行なった労務に対して使用者が報酬を与えることを定めています。一方で労働契約の方は労働契約法などにおいて労働者が心身の安全を守りつつ、労働が出来るようにするための契約としています。雇用契約書については作成の義務はなく、口頭で契約を結んでも効力を持ちます。しかし労働条件通知書については法的に、使用者と従業員の契約を結んだときには交付しなければいけません。一般的にはトラブルを防ぐために、雇用契約書と合わせて労働条件通知書が作成されます。

雇用契約書のテンプレート販売